必要な理由明確な理由は一点に絞られるのではないでしょうか。それは、子供を取り巻く生活環境の大きな変化です。確かに特に都市部では防犯カメラの設置数は過去と比較すれば圧倒的に多くなっています。塾や遊ぶ場所などの施設や場所に至るまで網羅されていない所はないくらいに行き渡っています。

都市部と比較して郊外は、人の数も少なく、犯罪が発生する確率も低くなっているでしょう。しかし、防犯カメラは事後に犯罪を発見するにはかなり有益な機材です。親が心配するのは、我が子が今どこにいるのか、何もなく無事に過ごしているかです。生活環境の変化には人間関係も大きく影響しています。

自分の子供でなくても怒ったり心配したりして、お互いに声を掛けあうのが普通でした。今は逆に不用意に声を掛けるとあの人は怪しいと言われかねない状況になっています。目的地まで公共交通機関を利用したり、外で遊ぶ場所も年々少なくなりゲームセンターに出入りしたりしがちで犯罪に巻き込まれる可能性も高くなっているので子供がどこにいるかをリアルタイムで知るにはGPSが最適です。GPSの機種では、GPSにはどのようなものがあるのでしょう。

大人でも普通に使っているスマホ等には必ずといっていいほど備えわっているシステムです。今、どこにいるのか等がバレルのが怖いのは大人なのかもしれません。それほどまでに優秀なシステムならばそっと持たせるだけで防犯カメラよりはるかに有益で、安心もできます。しかし、親の気持ちとしては簡単に携帯電話やスマホを持たせるのにも心配で、学校では持ち込みを禁止されている場合もあります。

でも、誰にも気付かれず子供がどこにいるかを確認できるGPSが何種類も市販されています。小型のもの、様々な性能を持つもの、料金も安いものも発売されています。どこにいるか子供のことが心配であれば、持たせてみることは検討すべき事ではないでしょうか。パタゴニアの子供服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です